kimama日誌

会社とおうちの往復だけが人生ではない!25歳会社員がいつものレールを外れて、実体験したグルメやおでかけについて気ままに更新中

コンラッド東京【ブログ宿泊記】エグゼクティブラウンジを詳細レポ!

 今回の舞台は「コンラッド東京」です!エグゼクティブラウンジの様子をお伝えします。シティビューとベイビューのふたつの景色を楽しめる?!宿泊を検討されている方は必見です!

f:id:Hiromi2020:20220921104249j:image

エグゼクティブラウンジ/37階

f:id:Hiromi2020:20220921105037j:image

 コンラッド東京のエグゼクティブラウンジはホテル最上階37階に設置されています。

ポイント!

 エグゼクティブフロア宿泊者ヒルトンオーナーズクラブ ダイアモンド会員の宿泊者は終日無料で軽食(スイーツなど)やアルコールを含むドリンクなどを楽しめます。

エグゼクティブラウンジ「当日のスケジュール」

f:id:Hiromi2020:20220921110926j:image

 ↑こちらが宿泊当日にいただいたエグゼクティブラウンジのタイムスケジュールを含めたエグゼクティブフロア宿泊特典の案内となります。

主なタイムスケジュール

・7:00〜10:30 朝食

・15:00〜17:00 アフタヌーンティー

・18:00〜20:00 イブニングカクテル(子連れの入場OK)

 ちなみにビジターの方が利用する場合は、各フードプレゼンテーション毎に7,000円(税サ込)がかかります。

 それでは、ここからはkimama日誌で体験したタイムスケジュールで、エグゼクティブラウンジでの体験をレポートです!

宿泊予約は一休がおすすめ!
コンラッド東京【一休.com】
 エグゼクティブラウンジのフードプレゼンテーションで、よりホテルステイを満喫できます!お得な機会にぜひ予約してみてください。

チェックイン時はドリンクをいただきながら…

f:id:Hiromi2020:20220917164202j:image

 ここからホテルステイのスタートです!エグゼクティブフロア宿泊の方は「エグゼクティブラウンジ」でチェックイン手続きが可能です。

 着席時にコーヒーや紅茶、ソフトドリンクから好みのものを提供してくださいました。

f:id:Hiromi2020:20220917164625j:image

 ラウンジ内は館内通路を挟んで“シティビュー”と“ベイビュー”のふたつの空間に分かれます。チェックイン時はシティビューのテーブル席を案内していただきました。

f:id:Hiromi2020:20220917165037j:image

 チェックイン手続きは少し待ち時間がありましたので、混雑時は28階のフロントを利用すると待ち時間が短縮できるかもしれません

アフタヌーンティー(15:00〜17:00)

f:id:Hiromi2020:20220917165549j:image

 アフタヌーンティーの時間は軽食やスイーツ、ソフトドリンクがいただけました!

フードはサンドイッチとミニケーキが中心!

f:id:Hiromi2020:20220917170135j:image

 ここからはビュッフェ台を覗いてみましょう。

f:id:Hiromi2020:20220917170218j:image

 軽食はサンドイッチでした。ツナマヨ、ハムとチーズの2種類が用意されていました。

f:id:Hiromi2020:20220917170436j:image

 スイーツはスコーンミニケーキクッキーなどがありました。

f:id:Hiromi2020:20220917170909j:image

 こちらのビュッフェ台はアフタヌーンティーに限らずフードが置かれるようで、クロワッサンやデニッシュ、ビスケットなどがありました。

ドリンクは基本セルフサービス

f:id:Hiromi2020:20220917171251j:image

 ドリンクはセルフサービスで、ソフトドリンクは冷蔵庫の中から好きなものを選べます。

f:id:Hiromi2020:20220917171430j:image

 ホットコーヒーや紅茶は↑こちらのマシンからいただけます。

f:id:Hiromi2020:20220917171827j:image

 紅茶はドイツのロンネフェルト社「リーフカップ」という製品で、9種類の用意がありました。

いただいたメニューをご紹介!

f:id:Hiromi2020:20220917172341j:image

 気になったメニューをいくつか盛り付けてみました!

f:id:Hiromi2020:20220917172409j:image

 右上からマンゴーのミニケーキツナマヨのサンドイッチスコーン洋梨のチョコレートクッキーです。マンゴーのミニケーキは軽く爽やかな風味で食べやすかったです。

f:id:Hiromi2020:20220917172840j:image

 ハムとチーズのサンドイッチはちょうど良い塩梅で、片手で摘めるので会話しながらいただくのにピッタリです。

f:id:Hiromi2020:20220917173039j:image

 マンゴーのミニケーキがなくなると、桃を使ったミニケーキが登場しました!ラズベリーの酸味と桃の甘さがよくマッチしていました。

イブニングカクテル(18:00〜20:00)

f:id:Hiromi2020:20220919175528j:image

 ここからはイブニングカクテルの時間をご紹介します!当日は混雑が予想されたため、1時間ずつの2部制となっていました。また、この時間から子どもの入場を不可とするホテルが多い印象が、こちらでは特段制限がありませんので子連れでの利用も可能です。

f:id:Hiromi2020:20220920074006j:image

 カクテルタイムでは、ベイビュー側のテーブル席を案内していただきました。ラウンジ内は照明が抑えられ落ち着いた雰囲気です。

まずはフードをご紹介

f:id:Hiromi2020:20220920074316j:image

 冷菜では、パスタサラダキヌアのサラダ、野菜の酢漬け、チーズなどが並んでいました。

f:id:Hiromi2020:20220920075036j:image

 小分けの器は、信州サーモンのスモークとそばの実です。その右隣は、種入りオリーブでした。

f:id:Hiromi2020:20220920075348j:image

 温かい料理はチリコンカンでした。ほうれん草を練り込んだトルティーヤチップスがありました。

f:id:Hiromi2020:20220920075523j:image

 野菜スティックがあり、味噌クリームやフムス(ひよこ豆ディップ)など3種類のディップが用意されていました。

この時間からアルコールが登場!

f:id:Hiromi2020:20220920080042j:image

 こちらのラウンジでは、イブニングカクテルからアルコールが登場します。瓶ビール赤白ワインシャンパーニュなどが用意されていました。シャンパーニュは英王室御用達ワイン商“ベリー・ブラザーズ&ラッド”の銘柄が用意されていました。

f:id:Hiromi2020:20220920080930j:image

 ウィスキーやリキュールなどのコーナーです。基本的にセルフサービスですが、スタッフの方にお願いすると好みのカクテルを作っていただけるようでした。

f:id:Hiromi2020:20220920081027j:image

 ソフトドリンクのコーナーはアフタヌーンティーと変わりません。下段にはカットフルーツとアフタヌーンティーで提供されたサンドイッチやクッキーなどが置かれていました。

ビュッフェ台はシティビューのスペースに設置されている

f:id:Hiromi2020:20220920081453j:image

 前述の通り、このラウンジはシティビューとベイビューのふたつの空間に分かれ、ビュッフェ台はシティビューにのみ設置されています。ベイビューからほんの少しですが距離がありますので、座席を選択する際の参考になると幸いです。

f:id:Hiromi2020:20220920081232j:image

 ちなみにアルコールを含む一部のドリンクは、ベイビュー側にも設置されていました

それでは実食レポ!

f:id:Hiromi2020:20220920085038j:image

 ひとまずシャンパーニュをいただきました。甘みを正面に捉え、酸味が後ろからついてくるキレのある瑞々しい風味でした。

f:id:Hiromi2020:20220920085340j:image

 冷菜をひと通り盛り付けてみました。基本的にどれもさっぱりとした味付けで、お酒によく合うかと思います。左上の小さな器は、生ハムを添えたトマト風味のクリームチーズです。生ハムの塩気とトマトのほのかな酸味がマッチしていました。

f:id:Hiromi2020:20220920085707j:image

 チリコンカンはしっかりした味付けで、お酒が進みます。箸休め的に野菜スティックをいただくのも良いですね。信州サーモンのスモークは、そばの実が食感と香りのアクセントに。かつお節をまぶすことで少し和風なテイストでした。

f:id:Hiromi2020:20220920192633j:image

 アルコールでは、川越発のクラフトビール「COEDO 瑠璃」の瓶ビールが用意されていました!なかなか自分で購入して飲む機会がないので、うれしかったです。

f:id:Hiromi2020:20220920193112j:image

 さらに、館内の日本料理レストラン「風花」より本日のおすすめ昆布とさつまいものおにぎり”をいただきました。信州サーモンが美味しかったので、おかわりしてしまいました!

f:id:Hiromi2020:20220920193345j:image

 最後に、竹鶴ピュアモルトのハイボールとハートランドビールをいただきつつ、夜景と共に静かに過ごしました!

 事前の案内で“夕食前のひとときに”利用する時間ということで、全体的にお酒に合うフードということ感じでした。もちろんカクテルタイムを夕食替わりにしても良いと思います。物足りない方は、館内レストランやインルームダイニングで、ディナーを別に摂られても良いかなと感じました。

宿泊予約は一休がおすすめ!
コンラッド東京【一休.com】
 エグゼクティブラウンジのフードプレゼンテーションで、よりホテルステイを満喫できます!お得な機会にぜひ予約してみてください。

翌朝の朝食(7:00〜10:30)

f:id:Hiromi2020:20220920194233j:image

 翌朝の朝食はエグゼクティブラウンジの他、会場を選択できました!ここでは、エグゼクティブラウンジの朝食の様子をお伝えします

選べる朝食会場

・エグゼクティブラウンジ:ビュッフェ+選べる卵料理(種類が小さめ…)

・オールデイダイニング「セリーズ」28階:ビュッフェ+選べる1品 ←kimamaおすすめ!

さっそくビュッフェ台を見ていきます!

f:id:Hiromi2020:20220920202602j:image

 ここからは朝食のビュッフェ台を見ていきます。ソフトドリンクと共に、スモークサーモンやハム、カットフルーツなどが並びます。

f:id:Hiromi2020:20220920202109j:image

 こちらは温菜のエリアです。左からソーセージやベーコン、温野菜、ニシンの塩焼きなどがあります。

f:id:Hiromi2020:20220920202254j:image

 カクテルタイムに瓶ビールなどが置かれていた場所は、クロワッサンデニッシュなどのパンコーナーとなっていました。

f:id:Hiromi2020:20220920202240j:image

 ごはんや明太子、玉子焼きなど和食メニューもありました。

選べる卵料理にはエグゼクティブラウンジ限定メニューあり!!

f:id:Hiromi2020:20220920203016j:image

 選べる卵料理はテーブルに着席した時にスタッフの方に注文します。【エグゼクティブラウンジ限定メニュー】がありますので、注目です!

選べる卵料理

雲丹と青さ海苔ソース スクランブルエッグ【!限定!】

・ロブスターオムレツ

・プレーンオムレツ/ホワイトオムレツ

・エッグベネディクト

・目玉焼き

・スクランブルベジタブル豆腐

 限定メニュー以外は、オールデイダイニング「セリーズ」でも注文可能です!

雲丹を使ったエグゼクティブラウンジ限定メニューを実食!

f:id:Hiromi2020:20220920205112j:image

 ↑こちらがエグゼクティブラウンジ限定メニュー雲丹と青さ海苔ソース スクランブルエッグ」です。

f:id:Hiromi2020:20220920205219j:image

 雲丹と一緒にスクランブルされた卵に、青さ海苔ソースをかけた逸品です。

f:id:Hiromi2020:20220920210502j:image

 上品な磯の香りが口の中に広がるホテルメイドな逸品です!雲丹の風味も程よく感じられますので朝から贅沢なひと時となりました。

オールデイダイニング「セリーズ」の朝食はこんな感じ!

f:id:Hiromi2020:20220920210830j:image

 前述の通りオールデイダイニング「セリーズ」での朝食も選択可能です。セリーズではエグゼクティブラウンジに比べ、ビュッフェは圧倒的に沢山の種類が揃います!

 選べる1品も季節のメニューなどを含めエグゼクティブラウンジに比べ、より多くのメニューが揃います。

f:id:Hiromi2020:20220920211213j:image

 kimamaのおすすめはセリーズの朝食です!詳しいレポートは↓下の記事からご覧ください。

kimamanisshi.hatenablog.com

チェックアウトもエグゼクティブラウンジで

f:id:Hiromi2020:20220920211533j:image

 もちろんチェックアウトもエグゼクティブラウンジで可能です!また特に精算がない場合、エクスプレスチェックアウトが可能です。エグゼクティブラウンジだけでなく、28階フロントでルームキーを渡しチェックアウトも可能です。

エグゼクティブラウンジでより充実したホテルステイを

f:id:Hiromi2020:20220921094309j:image

 エグゼクティブラウンジ付きの宿泊でいつも感じるのは、宿泊料金に含まれているとはいえ、フードやアルコール、朝食などが自由に楽しめるのがうれしい!という点です。

 エグゼクティブラウンジで、よりホテルステイが盛り上がると思いますのでおすすめです!

(訪問時期は2022年9月です。最新の情報をご確認ください。)

宿泊予約は一休.comがおすすめ!

f:id:Hiromi2020:20220921095415j:image

 ご紹介したコンラッド東京の予約は宿泊予約サイト「一休.com」がおすすめです!特にタイムセールポイント倍増など、お得な機会が多いため、当ブログでも狙って予約しています。

 エグゼクティブフロアだけでなく、朝食付きプランホテルクレジット付きプランなど、使い方は自由自在!皆さんの目的に合ったプランを予約してみてくださいね。

宿泊予約は一休がおすすめ!
コンラッド東京【一休.com】
 ポイント倍増やクーポンなどキャンペーン時の予約がおすすめです!この機会にぜひチェックしてみてください。

 皆さまの大切なひと時をより彩るお手伝いができると幸いです!最後までご覧いただき、ありがとうございました。

エグゼクティブフロア/シティビューのお部屋をルームツアー

f:id:Hiromi2020:20220921111550j:image

 今回宿泊したお部屋のルームツアー記事です。天井が高く開放感ある空間でした。和の雰囲気を取り入れつつ、洋室の雰囲気との調和が魅力的です。

kimamanisshi.hatenablog.com

お部屋のバスルーム・アメニティを特集!

f:id:Hiromi2020:20220921111851j:image

 お部屋のバスアメニティを使っていつもと違う香りに包まれるのもホテルステイならではの体験です!バスアメニティやバスルームを特集しました。

kimamanisshi.hatenablog.com

 いつもkimama日誌をご覧いただき、ありがとうございます!